読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satococoa's blog

Web や iOS アプリを作るエンジニアの日記です

RubyMotion Advent Calendar 2012 のアプリをつくりました

この記事は RubyMotion Advent Calendar 2012 の25日目の記事です。

時間がちょっと足りなくてやっつけ感が半端ないですが、Advent Calendar に登録された記事を見られるアプリを作ってみました。

ちょっと見積もりを誤ってしまい、細かい動作や見た目を調整している間がありませんでした><

(具体的には意外とカレンダーの表示に使っているライブラリの自由度が狭くて難儀してました。)

f:id:satococoa:20141110000958p:plain

リポジトリは以下です。

https://github.com/satococoa/RubyMo

カレンダーの表示は Kal を使い、エントリの表示には NimbusKit を使っています。

簡単なサンプル程度のものではありますが、CocoaPods を用いたライブラリの導入や、BubbleWrap での RSS を取得する処理など、参考にしていただけるところもあると思います。

RubyMotion Advent Calendar 2012 のまとめ

本当に25日分エントリが集まって本当に嬉しく思っています。特に複数の記事を書いていただいた方にはとても感謝しています。

来年 2013 年は #inspect 2013 - RubyMotion Conference もありますし、まだ構想段階ではありますが日本でもカンファレンス(仮)をやりたいと思っています。

今後ユーザーが増えてますます情報の共有が進んでくると、いよいよ仕事で実践投入する方も増えてくることと思います。

来年もユーザー同士でのコミュニケーションが出来る場を作りつつ、自分でもいいアプリをどんどん作っていきたいと思います。

今年お世話になった RubyMotion 関連の方々、本当にありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。